クロノワールド本店(ChronoWorld)1999年より 腕時計、時計用ストラップ、ベルト、バンド、工具等を扱っています。

クロノワールド 中山です。 

今年もあと残り僅かとなりました。

今回は『時計べんり豆知識』と題してちょっとした操作方法などを紹介したいと思います。

時計好きの方は何本も時計を所有しておられるとおもいます。
クォーツなら時計は正確な時を刻んでくれていますが、機械式の時計だとワインダー等を使用していないと使いたい時にどうしても止まってしまっていたりします。

以外と知られているようで知られていないのが時計には日付を調整して良い時間帯と調整するべきでない時間帯がある事です。
これはクォーツ、機械式共に共通です。最近の一部のムーブメント(時計の内臓されている機械)では日付を何時でも調整できる物も出てきていますが未だ非常に稀な存在です。

調整するべきでない時間帯に日付を進めると内臓されている歯車の関係で故障の原因になる場合がありますのでご注意を。この故障は頻繁に起こるわけではありませんので今まで知らなかったし、大丈夫だったと言う方もおられると思います。これから念の為気を付けて頂ければ大丈夫です。調整するべきでない時間帯は時計の内臓しているムーブメントによっても若干異なりますが、大体午後8時から午前3時までの間は日付調整を行われない方良いと思います。

時計が止まっているとアナログの場合は午前か午後かわかりませんよね。そこで考えなくて良い方法をご紹介します。

使う時計は80年代のROLEX DATEJUSTです。今日12月29日の午後3:00頃に合わせるという設定で進めていきます。

datetimeset1.jpg

1.時計は6日を指した状態で止まっています。

datetimeset2.jpg

2. ねじ込み式リュウズ(がある場合)はそれを解除してリュウズを一番外側まで引き出します。(殆どの時計は一段引き出して日付調整、2段引き出して時刻調整です)リュウズを回して6時まで針を進めます。この時点で午前か午後はわかりませんが6時は安全地帯ですので大丈夫です。

datetimeset3.jpg

3.リュウズを一段押して日付を合わせます。今日は29日ですので一日前の28日に合わせます。その後、リュウズを一番押した状態で前後にゆっくりと10~20回程巻き上げて下さい。(機械式の場合、クォーツの場合は不要)秒針が動き始めます。

datetimeset4.jpg

4.秒針が12時位置に来たらリュウズを一番外に引出して下さい。ハック機構が付いている機械式の時計とクォーツは秒針が止まります。(一部の機械式時計は秒針が止まりません)その状態で針を日付が変わるまで進めていきます。29日になりましたらもう一周針を進め午後にします。その後、今の一分先の時刻に合わせて時間が変わると同時にリュウズを押し込みますと設定完了です。ねじ込み式リュウズの場合はねじ込んで作業を終了して下さい。手巻きの場合はリュウズを押し込んでから最後まで巻き上げて下さい。

機会がありましたら試してみて下さい。

それでは皆様 良いお年をお迎え下さい。

来年も宜しくお願い致します。

 

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/03 永森 裕也]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
chronoworld
性別:
非公開
自己紹介:
「クロノワールドのつぶやき みんなのブログ」です。
商品のことや日常の出来事などをつぶやきます。
お気軽にコメントを残して下さいね。
ブログ内検索
アクセス解析
Template by Crow's nest